まがつきの銀髪美少女が、まさかの疫病神でスゴかった!

蹴球少女というサッカー戯画も妻がいっぱいな作品という遭遇しました。リアルでは行為チックギャルに素晴らしいキッズはあまりいないだけに、二次元ではその負荷を大きく解消してくれているハズと勝手に思いました。どう見ても拒否ブラ似言える妻がサッカーボールと興じる組み合わせがメインにあって、ついつい飛びついたのは隠し立てだ。あんな蹴球少女は、若宮弘明というアーティストが描いておる戯画で、普通に異性チック作品を描いてもいけそうな平均だ。それでも、わざわざそんなサッカーギャルを件としているとか、かなりニッチですね。蹴球少女とは言っても主人公は少年みたいで、最初のつかみは素晴らしいと思いました。そんな難問を投げかけられたら気になるのは仕方ありません。しかもこの人、ハイスクールサッカーのライブを見て、サッカーをする事を決意するという希有な位置づけだ。まずサッカーをやる美少女は果たして何時として現れるのかという難問だけが先走りますね。これが蹴球少女当初のイメージですけど、途端、さっきの少年が周りと国立のチケットをかけて周りって争うというコミットとかが出てきました。そういう彼は、サッカー部へ入部すべく部室へ突入するわけですが、そこにいたのはブリーフといったニーソのみを装着した妻でした。どうもここのサッカー部は、男子が全部辞めてしまって、個々がいなくて困っていたみたいです。恋人はリーダーの藤咲鈴で、何かブリーフをギフトできる加工。もっと彩音という名人も現れて追撃のブリーフ扇動。これから原因がわかりませんが、こちらは読み積み重ねるしかありません。つい逃げ出した優希氏の前に、どういう事か元サッカーリーダーが現れて、何だか波乱の直観がします。それよりも、何時としてまともなサッカーをやるのかが気になりますね。なんて思っているって、誠にこういう奥様校生らってガチ勝負する案件になって面白くなってきました。

コメントする